全日空商事 [YS21146] YS-11T-A 海上自衛隊 下総航空基地 第205教育航空隊 (1/200スケール 飛行機モデル)

全日空商事 [YS21146] YS-11T-A 海上自衛隊 下総航空基地 第205教育航空隊 (1/200スケール 飛行機モデル)

350 Pointポイント対象商品

当店販売価格

¥7,560(税込)

数量

カートに入れる

お気に入りに保存

この商品について問合わせる

  • お届けの目安:店舗休業日を除く1日~2日以内に発送致します。
  • お気に入りの登録人数:0

在庫状況

オンラインストア 天賞堂銀座本店 天賞堂みなとみらい店
×

説明

オンラインストア オンラインストア
天賞堂銀座本店 天賞堂銀座本店
天賞堂みなとみらい店 天賞堂みなとみらい店
在庫あり
在庫僅少
在庫なし

○又は△の表示があっても在庫がない場合が御座います。
詳しくは※店舗別在庫状況についてのご注意をお読み下さい。

品番:YS21146

製品情報

YS-11Tは、昭和37年(1962年)に初飛行した国産旅客機YS-11を、当時の海上自衛隊の主力であった大型対潜哨戒機P-2Jの搭乗員教育のために訓練機として改造したものです。
YS-11Tは全部で6機製造されましたが、外見上窓の少ない初期の6901号~6904号(200型)の4機と窓の多い6905号、6906号(600型)の2機との2種類があります。
P-2JのMAD(磁気探知装置)や魚雷・対潜ロケットなどの攻撃武器を除く、対潜戦用電子機器・機材及び捜索武器を搭載し、洋上において高々度から低高度までの戦術訓練を実施していました。
対潜センサーマン席の電子機器は教育用のため2~3台ずつ装備されていました。
機外には、各種アンテナ、レドームなどを装備、機内には旅客機用の椅子ではなく縦一列の搭乗員席と左右両側に満載の機材を搭載したため、重量軽減対策として与圧装置、自動操縦装置及び昇降用ステアウェイなどは装備されませんでした。
対潜戦術訓練では、当時行われていたジェジベル戦、ジュリー戦といったソノブイを用いた音響戦術やレーダー、ESMなどを用いた非音響戦術を実施していましたが、特にジュリー戦と呼ばれた戦術では、1000フィート (300メートル)以下の低高度で実用機P-2Jと同様の戦術飛行を実施していました。
低翼機である YS-11Tは、中翼機のP-2Jと異なり、低高度での揺れは独特であり、新米航空士学生は空酔に耐えて訓練に臨んでいました。
海上自衛隊にP-3Cが導入され、昭和63年以降P-2Jのための教育はなくなり、YS-11Tでの教育は、P-2Jの実用機課程航空士教育から海上自衛隊全般の航空士基礎教育に変更されました。
平成7年以降、P-2Jの対潜電子機材、捜索武器は撤去され、現在は通信、航法、電測など最小限の機材を残して、海上自衛隊の操縦士を除く全ての機種・配置の航空士学生の航法訓練及び航空士基礎教育に使用されています。

この商品を見たお客様はこんな商品をチェックしています。

最近見たもの