MICROACE [A2952] 国鉄 24系24形寝台客車 特急「富士」7両基本セット (Nゲージ 動力車なし)

MICROACE [A2952] 国鉄 24系24形寝台客車 特急「富士」7両基本セット (Nゲージ 動力車なし)

791 Pointポイント対象商品

当店販売価格

¥17,107(税込)

数量

カートに入れる

お気に入りに保存

この商品について問合わせる

  • お届けの目安:店舗休業日を除く1日~2日以内に発送致します。
  • お気に入りの登録人数:0

店舗別在庫状況

オンラインストア 天賞堂銀座本店 天賞堂みなとみらい店
×
オンラインストアオンラインストア
天賞堂銀座本店天賞堂銀座本店
天賞堂みなとみらい店天賞堂みなとみらい店
在庫あり
在庫僅少
在庫なし
○又は△の表示があっても在庫がない場合が御座います。
詳しくは※店舗別在庫状況についてのご注意をお読み下さい。

品番:A2952

  • スケール・ゲージ
    Nゲージ
    セット内容
    カニ24-2+オロネ24-7+オハネ24-18+オハネ24-62+オハネ24-9+オシ24-3+オハネフ24-3

製品情報

国鉄は寝台特急用として床下に電源用ディーゼルエンジンを搭載した14系客車を増備していましたが、1972(昭和47)年に発生した北陸トンネル火災事故を教訓とし、安全性の高い「集中電源方式」を採用した新型寝台特急用客車の製作を1973(昭和48)年より開始しました。これが24系です。
大型の発電用ディーゼルエンジンを搭載した電源車を編成端に連結し、必要となる電力を全て賄う方式です。
基本となる3段式B寝台車のオハネ24、車掌室付のオハネフ24、A寝台車のオロネ24、食堂車のオシ24、電源車のマヤ24が登場しました。
その後、3段式であった寝台を2段式に改良した24系25型が登場したため、このグループは24系24型と呼ばれて区分されています。
特急「富士」は、東京と西鹿児島を日豊本線経由で結んでいた寝台特急で、1975(昭和50)年から24系24型が投入されており、基本7両編成と付属7両編成の14両編成で運転されていました。
当時の日豊本線は全線の電化が完了しておらず、宮崎-西鹿児島間は引退間近のDF50が基本編成を牽引する姿が見られ、人気となっていました。
翌年には客車が2段寝台の24系25型に変更され、24系24型は東北地方へ転出しました。
この製品は、カニ24、オロネ24、オシ24等を含む基本の7両セットです。
*走行には別途機関車が必要です。

この商品を見たお客様はこんな商品をチェックしています。

最近見たもの