全日空商事 [NH20090] B747SR-100 JA8157 モヒカン塗装 (1/200スケール 飛行機モデル)

全日空商事 [NH20090] B747SR-100 JA8157 モヒカン塗装 (1/200スケール 飛行機モデル)

800 Pointポイント対象商品

当店販売価格

¥17,280(税込)

数量

カートに入れる

お気に入りに保存

この商品について問合わせる

  • お届けの目安:店舗休業日を除く1日~2日以内に発送致します。
  • お気に入りの登録人数:0

店舗別在庫状況

オンラインストア 天賞堂銀座本店 天賞堂みなとみらい店
×
オンラインストアオンラインストア
天賞堂銀座本店天賞堂銀座本店
天賞堂みなとみらい店天賞堂みなとみらい店
在庫あり
在庫僅少
在庫なし
○又は△の表示があっても在庫がない場合が御座います。
詳しくは※店舗別在庫状況についてのご注意をお読み下さい。

品番:NH20090

製品情報

BOEING 747SR-100型はL-1011に続く次期大型機材として昭和52年(1977年)に導入決定し昭和54年(1979年)からANA国内線に就航した4発の大型主力機材である。

 SRはSHORT RANGEの略で長距離路線用に開発されたBOEING 747-100型機を離着陸の頻度が高くなる短距離路線での運航に耐えうるように胴体、主翼、尾翼の各構造部分の強化を図ったもので構造強化に要した補強材の重さは約1.4tに及んだ。
装備エンジンは当時1,100万飛行時間に及ぶ高い信頼性をもったゼネラルエレクトリック社のCF6エンジンの改良型CF6-45Aエンジン。
このエンジンは長距離用CF6-50Eの推力を減格して使用するディレイトエンジンで必要時には推力を46,500ポンドから52,500ポンドまで引き上げて最大離陸重量を約341tに増やし海外長距離路線に使用することが想定されていた。

 ANAのBOEING 747SR-100型にはANA独自のイメージを確立するためスーパージャンボの愛称がつけられ昭和54年(1979年)1月25日、東京-札幌線51便から世界初の500席仕様で国内線に就航した。
SRは合計17機導入され、空の大量輸送時代の象徴として果たした役割は大きい。
平成元年(1989年)にはLAを含めて最大23機のスーパージャンボが運航されていた。

 JA8157は昭和56年(1981年)、国内線用に製造されたBOEING 747SR-100型の15号機でボーイング製造番号22710。
国際チャーターに使用されることが多く、後にキャビンのギャレー、トイレ等を国際線仕様に改修し内際に活躍する国際線機材となった。
装備エンジンはBOEING 747-200Bと同じCF6-50E229,110kmの航続距離を活かしてホノルル線、シドニー線、アジア路線等に活躍してきたが国際線機材の充足に伴い後年はスーパーシート20席を含む455席仕様の国内線投入機材になっている。
JA8157は僚機の退役によりANAに残る最後のスーパージャンボであったが平成18年(2006年)3月10日鹿児島-東京NH624便を最後に退役した。

この商品を見たお客様はこんな商品をチェックしています。

最近見たもの