全日空商事 [NH20132] B787-9 ANA ドリームライナー JA893A スナップフィットモデル (1/200スケール 飛行機モデル)

全日空商事 [NH20132] B787-9 ANA ドリームライナー JA893A スナップフィットモデル (1/200スケール 飛行機モデル)

450 Pointポイント対象商品

当店販売価格

¥9,720(税込)

数量

カートに入れる

お気に入りに保存

この商品について問合わせる

  • お届けの目安:店舗休業日を除く1日~2日以内に発送致します。
  • お気に入りの登録人数:0

店舗別在庫状況

オンラインストア 天賞堂銀座本店 天賞堂みなとみらい店
×
オンラインストアオンラインストア
天賞堂銀座本店天賞堂銀座本店
天賞堂みなとみらい店天賞堂みなとみらい店
在庫あり
在庫僅少
在庫なし
○又は△の表示があっても在庫がない場合が御座います。
詳しくは※店舗別在庫状況についてのご注意をお読み下さい。

品番:NH20132

  • ボディ材質
    ABSプラスティック

製品情報

BOEING787型ドリームライナーはボーイング社が総力を上げて開発した次世代民間旅客機である。
 平成16年(2004年)4月26日、ANAが50機確定発注したことを受けてボーイング社がローンチを決定した。開発モデルはBOEING787-8型、-9型、-10型の3機種がある。
5,500~16,300kmに及ぶ航続距離により乗客がノンストップで目的の都市へ直行(ポイントトゥポイント)することが出来る中型双発機である。
中型機でありながら大型ジェット並みの航続性能を備えた飛行速度は現在の最速民間旅客機に匹敵するマッハ0.85に達する一方、燃料効率は先進のテクノロジーを用い既存の同クラス航空機と比べ20%向上、貨物搭載スペースも60%増加している。
旅客に対しても、快適な湿度に保たれた機内、幅広の座席・通路、大きな窓などの斬新な機内環境で更なる旅の快適さが提供されている。
これらの高性能を実現する為にBOEING787型の開発プロジェクトでは機体の軽量化による省エネルギー運航が最重要課題とされボーイング社は数ヶ月に及ぶ集中的な研究分析の結果、強度を高めたエポキシ樹脂と組み合わせたグラファイドを主要複合材料として選定した。
主翼には軽量化と耐久性に優れたチタンと炭素を安定化させたグラファイドを組み合わせたTiGr複合材料を採用した。主翼、胴体を含む主要構造の大部分に先進複合材料が採用されるのはジェット旅客機としては初めてである。
BOEING787型はオール・コンポジット・エアプレーンとも呼ばれ1機あたりの二次構造材を含めた炭素繊維複合材料は約30トンに達する。
ボーイング社はBOEING787のオールコンポジットの主要構造部分に炭素繊維複合材料であるトレカプリプレグ(トレカは東レ株式会社商標)を採用した。
トレカプリプレグはBOEING777型機では既に尾部やフロアビームなどの構造部分に使用されているがBOEING787型機でさらに主翼や胴体などほぼ全ての構造部材が炭素繊維複合材料に代替されている。
エンジンはゼネラル・エレクトリック社製GENX、あるいはロールスロイス社製トレント1000のエンジンを使用し2種類のエンジンが同じ標準規格で採用されておりANAはトレント1000エンジンを選定している。
 BOEING787-9型はBOEING787-8型の胴体延長型として開発された。
BOEING787-8型と比較して胴体が6m(20フィート)延長され全長は62.8mある。
燃料効率性を保持しつつANA国内線仕様で395座席、貨物搭載可能重量は約22トンと-8型と比較して約1.2倍の座席と貨物を搭載することが可能となった。
BOEING787-9型のプログラムにおいても三菱重工業、川崎重工業、富士重工業、東レ、ジャムコ、パナソニック・アビオニクス、ブリジストンなどの日系企業が参画し胴体や主翼用の複合材、機内エンターテインメント・システム、ギャレー、化粧室、タイヤの供給など重要な役割を担っている。
BOEING787-9型の初飛行は平成25年(2013年)9月17日。午前11時02分(現地時間)にシアトルを離陸し午後4時18分(現地時間)に着陸、5時間16分の初飛行を成功裏に終えた。
BOEING787-9型機のプログラムでは5機のテスト機を使用して1,500時間以上のテストフライトが実施され平成26年(2014年)6月16日米連邦航空局(FAA)および欧州航空安全局(EASA)よりBOEING787-9型の変更型式証明を取得している。
ANAは平成22年(2010年)9月30日の取締役会にて発注済のBOEING787-8型55機のうち15機をBOEING787-9型に変更することを決定、平成24年(2012年)6月19日の取締役会にて-8型から-9型に4機変更、平成24年(2012年)9月21日の取締役会で11機発注、平成26年(2014年)3月27日のANAホールディングス取締役会にて14機追加発注されBOEING787-9の発注は計44機となっている。
ANAは平成26年(2014年)7月28日(日本時間)にアメリカ・ワシントン州エバレットでBOEING787-9型機を日本で初めて受領した。
日本初受領を記念し、在日大使館およびボーイング社の協力のもと日本及び日本在住のアメリカの小学生を招待し「次世代を担う子どもたち」が「次世代の航空機」に搭乗して国際交流を行う場として平成26年(2014年)8月4日に羽田空港発着の遊覧フライトが実施された。
世界遺産富士山上空を遊覧したこのフライトがBOEING787-9型機の世界初旅客フライトとなった。
平成26年(2014年)8月7日、羽田一福岡線NH241便より世界初となる定期便運航を開始している。
 JA893AはBOEING787-9型の導入24号機で246席仕様の国際線機材として活躍中。

パーツ同士をはめ込むだけで簡単に組み上げられるスナップフィットモデル。

この商品を見たお客様はこんな商品をチェックしています。

最近見たもの