真鍮製 C58形蒸気機関車

実車解説

 C58形は、亜幹線の客貨車牽引で活躍していた8620形や9600形の代替機として登場した機関車です。
1938年 (昭和13年)に1号機が汽車会社で完成、1947年(昭和22年)までに汽車会社と川崎車輌の2社で427輌が製造されました。
国鉄形のテンダー式機関車として唯一の軸配置1-C-1、また初めて密閉キャブを採用していることが特徴として挙げられます。
形態的には大まかに、平底テンダーの戦前型(1~382)、船底テンダーの戦後型(383~427)に二分することが出来ます。
 C58形は全国各地で活躍していましたが、主に使用されたのが亜幹線またはローカル線であったため、あまり目立つ事はありませんでしたが、お召し列車牽引にされることも度々あり、現場の人達には扱い易く、信頼のおける機関車だったことが分かります。
 2017年(平成29年)11月現在、1988年(昭和63年)に開催された『'88さいたま博覧会』の目玉として復活した《パレオエクスプレス》牽引機である、秩父鉄道所有の363号機と、
三陸地方の地域振興を目的として2014年 (平成26年)に復活した、《SL銀河》牽引機であるJR東日本所有の239号機の2輛が動態保存されています。

製品特長

  • ・平底テンダーの戦前型をモデルとして、国鉄仕様の3種と動態保存機2種に、直営店舗限定品として5種のバリエーションを加え模型化。
  • ・金属線磨き出しの空気作用管を備え、下回りの棒台枠、ブレーキテコなども精密なディティールで再現した真鍮製モデル。
  • ・前照灯、副灯(装着機のみ)、前部標識灯、キャブライト、テンダー前照灯、標識灯 点灯(※各ONOFFスイッチ付)
  • ・最小通過半径790mm ポイント6番以上
  • ・共通添付部品:石炭 x1、火かき棒(2種類)x各1、スコップ x1、PFMサウンド部品 x1セット

製品ラインナップ

各形態の特長

  • ヘッドライトはLP403、シールドビーム副灯を装着。
    X型の煙室扉ハンドルとシリンダー空気弁の部分に磨き出しあり。

  • キャブ前面旋回窓はなし、丸窓枠磨き出しあり。

  • テンダー前照灯はLP42を装備。

    • 付属パーツリスト
    • 火の粉止め(傘付・傘無)x各1
    • 暖房ホース x1
    • プレート先輪 x1
    • ナンバープレート(85、271、291)x1
    • メーカープレート x1
    • 区名札シール x1
  • 主灯副灯ともにシールドビームの前照灯を装着。
    スノープロウも付いています。

  • キャブ前面に旋回窓・丸窓あり。

  • テンダー前照灯はLP42を装備。

    • 付属パーツリスト
    • 火の粉止め(傘無)x各1
    • 暖房ホース x1
    • ナンバープレート(19、22、501)x1
    • フロントデッキステップ(左・右) x各1
    • 展示用ドローバー x1
  • シールドビーム2灯、スノープロウを装着した姿は陸羽東線タイプ同様の装備ですが郡山式集煙装置の存在が特徴的です

  • キャブの丸窓はなし。ツララよけ網部品が付属します。

  • テンダーにシールドビーム前照灯を装着。
    重油タンクの存在が目立つ重装備タイプ。

    • 付属パーツリスト
    • 火の粉止め(傘無)x各1
    • 暖房ホース x1
    • ナンバープレート(268、283、330)x1
    • メーカープレート x1
    • フロントデッキステップ(左・右) x各1
    • キャブ前面ツララよけ網 x2
  • 主灯・副灯がシールドビーム。
    スノープロウを装備。
    239号機のナンバープレートは取付け済。

  • キャブ前面旋回窓あり、丸窓はなし。
    キャブ側面の窓枠は塗装有り。

  • テンダー前照灯はLP403を装着。
    搭載された重油タンクの上には無線アンテナが取付けられています。

    • 付属パーツリスト
    • ヘッドマークステー(タイプ1)x1
    • ヘッドマーク取付座 x3
  • LP403前照灯を装備し副灯はなし。
    X型の煙室扉ハンドル、シリンダー空気弁、給水暖め器の帯部分に磨き出しあり。

  • キャブ前面旋回窓あり、丸窓はなし。

  • 重油タンクを搭載しテンダー前照灯にはカバー付きのLP42を装備。

    • 付属パーツリスト
    • 暖房ホース x1
    • ナンバープレート(363:形式入り黒/緑/赤、形式なし黒/赤)x1
    • 展示用ドローバー x1
    • スノープロー x1
    • ヘッドマークステー(タイプ2)x1
    • ヘッドマーク取付座 x3
  • 直営店舗限定の関東タイプは前照灯にシールドビームのLP405を装備し副灯はなし。
    通常品同様、煙室扉ハンドルとシリンダー空気弁が磨き出し。

  • キャブ・テンダー部分は通常品と同様。

  • 通常品と同じく後部前照灯はLP42。

    • 付属パーツリスト
    • 火の粉止め(傘付・傘無)x各1
    • 暖房ホース x1
    • ナンバープレート(85、271、291)x1
    • メーカープレート x1
    • 区名札シール x1
  • 6号機のナンバープレート類が貼り付け済み。
    前照灯はLP403で副灯はなし。

  • キャブ部分もプレート類が貼り付け済み。区名札シールが付属します。

  • テンダー前照灯は通常の関東タイプ同様LP42を装着。

    • 付属パーツリスト
    • 火の粉止め(傘付・傘無)x各1
    • 暖房ホース x1
    • 区名札シール x1
  • 主灯にLP403を装着し副灯はシールドビーム。
    通常品とは異なり煙室扉ハンドル、シリンダー空気弁、給水暖め器の帯部分が磨き出し。

  • 通常品と同様キャブ側面窓枠が塗装されています。

  • 後部前照灯にはシールドビームを装着しています。

    • 付属パーツリスト
    • ヘッドマークステー(タイプ1)x1
    • ヘッドマーク取付座 x3
  • 特徴的な門鉄デフを装備したタイプ。

  • キャブ・テンダー部分は通常製品と同様です。

  • 通常品と同じく後部前照灯にカバー付きのLP42を装備

    • 付属パーツリスト
    • 暖房ホース x1
    • ナンバープレート(363:形式入り黒/緑/赤、形式なし黒/赤)x1
    • 展示用ドローバー x1
    • ヘッドマークステー(タイプ2)x1
    • ヘッドマーク取付座 x3
  • 装備された後藤工場タイプのデフにJNRのマークが目立ちます。

  • キャブ・テンダー部分は通常製品と同様です。

  • 通常品と同じく後部前照灯にカバー付きのLP42を装備。

    • 付属パーツリスト
    • 暖房ホース x1
    • ナンバープレート(363:形式入り黒/緑/赤、形式なし黒/赤)x1
    • 展示用ドローバー x1
    • ヘッドマークステー(タイプ2)x1
    • ヘッドマーク取付座 x3