TOMIX [98657] JR 24系25形(北斗星3・4号 JR北海道仕様)増結6両セット (Nゲージ 動力車なし)

TOMIX [98657] JR 24系25形(北斗星3・4号 JR北海道仕様)増結6両セット (Nゲージ 動力車なし)
SOLD OUT

501 Pointポイント対象商品

当店販売価格

¥10,824(税込)

SOLD OUT

お気に入りに保存

この商品について問合わせる

  • お届けの目安:店舗休業日を除く1日~2日以内に発送致します。
  • お気に入りの登録人数:0
オンラインストアオンラインストア
天賞堂銀座本店天賞堂銀座本店
天賞堂みなとみらい店天賞堂みなとみらい店
在庫あり
在庫僅少
在庫なし
○又は△の表示があっても在庫がない場合が御座います。
詳しくは※店舗別在庫状況についてのご注意をお読み下さい。

品番:98657

商品ID:10132182

  • スケール・ゲージ
    Nゲージ
    セット内容
    オハネ25-0 + オハネ24-500 + オハネ24-500 + オハネフ24-500 + オロネ25-500 + オロハネ25-550

製品情報

「北斗星」は、青函トンネル開業を機に実施された1988(昭和63)年3月のダイヤ改正より、JR北海道とJR東日本が共同で運行を開始した、上野-札幌間の寝台特急列車です。
使用される編成は、24系25形客車などをベースに両社が独自に工夫を凝らし、アコモデーションを大幅に刷新した専用車両で組成されていました。
登場時、北斗星は3往復(1-6号)までが設定されましたが、北斗星3・4号は季節列車扱いで、全車両開放B寝台車で組成されていました。
同年7月には「北斗星」の人気によって、3・4号にも予備車両を使用して個室車や食堂車を連結し、サービスの向上が図られました。
1989(平成元)年には3・4号が定期列車化されることとなり、これに備えてJR北海道は北斗星専用車両の増備を行ない、JR東日本編成に合わせるため、JR北海道では唯一の全室ロビーカーであるオハ25-551などが登場しました。
本製品は、定期化後の北斗星3-4号、JR北海道編成をモデルとして、オハ25-551をはじめ、個室側の側窓が大きいオロネ25-500など、特徴的な編成を再現可能となっています。
増結6両セットは個室側の側窓が大きいオロネ25-500を含む中間の寝台客車を中心としたセットです。

関連商品

最近見たもの