TOMIX [98997] 国鉄 169系急行電車(妙高・冷房準備車) 12両セット【限定品】 (Nゲージ 動力なし)

TOMIX [98997] 国鉄 169系急行電車(妙高・冷房準備車) 12両セット【限定品】 (Nゲージ 動力なし)

2,020 Pointポイント対象商品

当店販売価格

¥43,648(税込)

数量

カートに入れる

お気に入りに保存

この商品について問合わせる

  • お届けの目安:店舗休業日を除く1日~2日以内に発送致します。
  • お気に入りの登録人数:0
オンラインストアオンラインストア
天賞堂銀座本店天賞堂銀座本店
天賞堂みなとみらい店天賞堂みなとみらい店
在庫あり
在庫僅少
在庫なし
○又は△の表示があっても在庫がない場合が御座います。
詳しくは※店舗別在庫状況についてのご注意をお読み下さい。

品番:98997

商品ID:10132183

  • スケール・ゲージ
    Nゲージ
    セット内容
    クモハ169-11 + モハ168-11(M) + サロ169-5 + サロ169-12 + サハシ169-1 + クハ169-14 + クモハ169-7 + モハ168-7(M) + クハ169-1 + クモハ169-13 + モハ168-13 + クハ169-3

製品情報

169系は、1968(昭和43)年に登場した直流急行形電車です。
同系は165系を基に開発された車両で、横川-軽井沢間の碓氷峠でのEF63形電気機関車との協調用装備を持つことが特徴です。
協調運転開始前の同区間は、連結器の強度の問題などにより電車は7~8両程度に編成が制限されており、輸送力増強の限界や、当時の優等列車では常識であった食堂車の連結が見送られるなどサービスの低下が見られました。
これらを解決するためにさまざまな改善策の検討が行なわれて、EF63形電気機関車との協調運転を行なう方法が導き出され、1967(昭和42)年に165系へと協調運転機能を追加した165-900系12両が登場し、協調運転試験が実施されました。
これらの試験を基に協調用の装備が追加された169系が登場し、それまで編成制限のあった同区間で、編成両数を増やすことが可能になりました。
同系はクモハ169形、モハ168形、クハ169形が新製され、サロ169形とサハシ169形はそれぞれサロ165形、サハシ153形からの改造車という内容で、165-900系も169系へと編入されて169-900系となりました。
登場後は信越本線の急行「信州」「妙高」「志賀」を中心として、上野から長野や直江津、長野電鉄の湯田中間などで運転されました。

本製品の「妙高」は1968(昭和43)年10月の国鉄のダイヤ大幅改正(通称:ヨンサントオ)にて、新製された急行電車169系が投入された急行列車です。
同系の特徴で、当時技術的革新として注目された協調運転機能を活かして、1等車2両とビュフェ車1両を連結する12両編成で、上野-直江津間を結び活躍しました。

最近見たもの