天賞堂 [11079] D52形468号機 五稜郭機関区(開放キャブ) (1/80・16.5mmゲージ 動力車)

天賞堂 [11079] D52形468号機 五稜郭機関区(開放キャブ) (1/80・16.5mmゲージ 動力車)
SOLD OUT

22,916 Pointポイント対象商品

当店販売価格

¥495,000(税込)

SOLD OUT

お気に入りに保存

この商品について問合わせる

  • お届けの目安:店舗休業日を除く1日~2日以内に発送致します。
  • お気に入りの登録人数:0
オンラインストアオンラインストア
天賞堂銀座本店天賞堂銀座本店
天賞堂みなとみらい店天賞堂みなとみらい店
在庫あり
在庫僅少
在庫なし
○又は△の表示があっても在庫がない場合が御座います。
詳しくは※店舗別在庫状況についてのご注意をお読み下さい。

品番:11079

商品ID:10135218

  • スケール・ゲージ
    1/80スケール・16.5mmゲージ
    ボディ材質
    真鍮
    特長
    主灯・標識灯(前部尾灯)、テンダー主灯・標識灯(尾灯)、キャブライト LED点灯 ON/OFFスイッチ付
    最小通過半径:R750mm・ポイント6番以上
    付属品
    石炭 x1, 火かき棒(2種類) x各1, スコップ x1, 火の粉止 x1

製品情報

D52形は、1943年(昭和18年)から1946年(昭和21年)にかけて、285輌が製造された日本最大の貨物用蒸気機関車です。
増大する太平洋戦争中の貨物輸送に対応し、北海道や東海道・山陽本線で1200t列車を牽引出来る機関車として登場しました。
しかしながら、物資不足による資材の節約、部品によっては代用資材を使用した「戦時型」とも呼ばれる形態で生まれており、本来の性能を活かす事が出来ませんでした。
一戦後になると、戦中の過酷な使用による状態の悪化によって、早期に廃車されたものを除き、多くは標準設計に則った装備改ー造を施されました。
これによってD52形はいかんなくその性能を発揮するに至ります。

御殿場線や山陽本線での活躍も知られていますが、最晩年は函館・室蘭本線で活躍する五稜郭機関区配置機のみとなりました。
その一部は密閉キャブに改造された為、印象を他と異にしています。
北海道のD52形は、優等旅客列車牽引のような華やかさこそありませんでしたが、北の大地で粛々と働く姿は、我々の印象に深く刻まれています。
最後となる202号機が火を落としたのは1972年(昭和47年)の事でした。

本製品は五稜郭機関区で活躍していたD52形の晩年の姿を模型化いたしました。

JR西日本商品化許諾済

関連商品

最近見たもの