KATO [10-1689] 813系200+300番代 6両セット【特別企画品】 (Nゲージ 動力車あり)

KATO [10-1689] 813系200+300番代 6両セット【特別企画品】 (Nゲージ 動力車あり)
SOLD OUT
  • お届けの目安:店舗休業日を除く1日~2日以内に発送致します。

  • 商品のお気に入り登録、ポイントの獲得および利用には会員登録・ログインが必要です。

品番:10-1689

商品ID:90000438

  • スケール・ゲージ
    Nゲージ
    セット内容
    クハ813-303 + サハ813-303 + クモハ813-303(M) + クハ813-210 + サハ813-210 + クモハ813-210
    付属品
    行き先表示シール、前面行き先表示、電連
    模型仕様
    最小通過半径:R249、標準通過勾配:4%

製品情報

博多・北九州地区を中心に活躍している813系はJR九州初のVVVFインバータ車両で、平成21年(2009)までに計255両が製造されました。
製造年次によって細かい番代区分がされており、200番代は平成9~10年(1997~1998)に製造された同形式最大のグループです。
300番代は3編成のみの少数派グループで、200番代との外観上の違いはUVカットのスモークのガラスが使用されていることが特徴です。
コンパクトな3両編成の運用から6両編成、9両編成まで線路条件や好みに応じた編成を再現可能です。
また、福岡と筑豊地区の中心都市直方とを結ぶ福北ゆたか線用の813系200番代は、銀の車体にブラックフェイスの色ちがいで活躍しています。

<製品特長>
・南福岡車両区所属車をプロトタイプに製品化
・前面表示:「門司港」を取付済。
・側面印刷は白色で表現。行先表示シール付属
・実車同様にフォグライト部分が点灯していない姿を再現
・屋根色は銀色、前頭部とボディの境目にある黒線を再現
・JR九州車両特有の細部にわたる車両デザインをリアルに再現
・交流電車の特徴である複雑なパンタグラフ周辺の屋根上機器を再現
・客扉部のステップを廃した腰の低い低床面車体を再現
・ヘッド/テールライト点灯(消灯スイッチ付)
・フライホイール・サスペンション機構搭載動力ユニットで、スムースな走行性能を実現
・連結器は各所ともKATOカプラー伸縮密連形(フックなし)標準装備。先頭部用に2段の電連が付属

最近見たもの