MICROACE [A7684] 京成 3300形 更新車 3348F 6両セット (Nゲージ 動力車あり)

MICROACE [A7684] 京成 3300形 更新車 3348F 6両セット (Nゲージ 動力車あり)
MICROACE [A7684] 京成 3300形 更新車 3348F 6両セット (Nゲージ 動力車あり)
MICROACE [A7684] 京成 3300形 更新車 3348F 6両セット (Nゲージ 動力車あり)
MICROACE [A7684] 京成 3300形 更新車 3348F 6両セット (Nゲージ 動力車あり)
MICROACE [A7684] 京成 3300形 更新車 3348F 6両セット (Nゲージ 動力車あり)
MICROACE [A7684] 京成 3300形 更新車 3348F 6両セット (Nゲージ 動力車あり)
MICROACE [A7684] 京成 3300形 更新車 3348F 6両セット (Nゲージ 動力車あり)
MICROACE [A7684] 京成 3300形 更新車 3348F 6両セット (Nゲージ 動力車あり)
MICROACE [A7684] 京成 3300形 更新車 3348F 6両セット (Nゲージ 動力車あり)
MICROACE [A7684] 京成 3300形 更新車 3348F 6両セット (Nゲージ 動力車あり)
MICROACE [A7684] 京成 3300形 更新車 3348F 6両セット (Nゲージ 動力車あり)
MICROACE [A7684] 京成 3300形 更新車 3348F 6両セット (Nゲージ 動力車あり)
MICROACE [A7684] 京成 3300形 更新車 3348F 6両セット (Nゲージ 動力車あり)
MICROACE [A7684] 京成 3300形 更新車 3348F 6両セット (Nゲージ 動力車あり)
¥28,336

(税込)

¥35,420

京成3300形は1968年から製造された通勤型車両です。1964年より製造されていた3200形と同様、18m級片側両開き3扉の普通鋼製車体を持ち、性能も3200形に準拠していましたが1969年より製造されたグループからは前面、側面に行先表示器が設置されたのが大きな特徴です。また、このグループからは台車が変更されました。
1980年代半ばから冷房化、1989年からは更新工事が行われました。前面ライト位置が変更されたほか、4両編成の一部が組み替えられて6両編成化され、先頭車の中間車化改造が行われました。
更新後は3200形更新車に類似した形態になりましたが、側面行先表示器の位置や前面貫通扉の種別表示窓の縁取りなどに相違点があります。
1993年からはライトグレー(アクティブシルバー)をベースにブルー(フューチャーブルー)、レッド(ヒューマンレッド)の帯を配した塗装に変更されました。その後再び4両編成に組み替えられ2015年3月を以って全車引退となりました。

《製品特徴》
●ヘッドライト、テールライト点灯(ON-OFFスイッチ付)
●フライホイール付動力ユニット搭載
●1999年から2008年初頭の6連時代を製品化
●先頭車前面形状を見直し
●モハ3340は先頭車から中間車に改造された車両
●ジャンパ栓付ダミーカプラーパーツ採用

スケール・ゲージ
Nゲージ
セット内容
●モハ3348
●モハ3347
●モハ3340
●モハ3339(M)
●モハ3338
●モハ3337
付属品
●シール